性行為についての悩み

男性の性の悩み

ED勃起不全

最近ではEDなどソフトな言い方になっていますが、正確には勃起障害、又は勃起不全と呼ばれます。

ちなみにEDとは英語の省略で、Erectile Dysfunction が正確な表記です。

勃起不全には、心理的なストレス、血管や神経に障害があるなどが主な原因です。

ストレス、不安、うつなどの心理的な要因はEDの原因の1つで、20~40代の若い人に多く、加齢によって糖尿病や高血圧などの生活習慣病を患う人が多くなることもあります。

心的要因で多いのは仕事やパートナーの問題で、パートナーとのトラブルや仕事でのストレスが原因であることが多いようです。

自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、勃起は副交感神経、射精は交感神経が使われます。

勃起のメカニズムは、性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込み勃起します。

血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらないとされます。

そのため、血流に障害が出る糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかると、EDになりやすくなるのです。

心的要因では、人間の体は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っており、バランスをくずすと勃起不全になるようです。

早漏

早漏とは、自分の意思とは関係なく、早すぎるタイミングで射精してしまうということ、又は、セックスの時にパートナーの女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことを指します。

具体的には、膣内に挿入後30秒間射精を我慢できない状態とも定義されます。

包茎により男性器への刺激が過敏になったり、病気では慢性尿道炎、前立腺の慢性的な炎症など疾患が原因の場合もあります。

多くのケースでは、身体機能な問題ではなく、心因性のものであるり、女性のほうが性的満足を得るのが遅いために起こるものです。

遅漏

挿入時間が長いことは男性は相手の女性に長く性的快感をもたらすことができると考えられるていますが、女性のからすると長時間に及ぶ男性器の挿入で女性器が傷ついたり腫れたりするなど苦痛をともなう場合があります。

あくまで自分が遅いと感じたり、相手の女性が遅いと感じるケースもありますが、障害である場合は膣内射精障害と医学的に呼ばれています。

膣内射精障害は、挿入行為中、膣の中で意のままに射精ができないことを指し、男性のオルガスム障害(射精障害)の一つとされ、その他に、遅延射精・遅発射精・膣内射精不能・男性膣不感症・射精不全などとも呼ばれています。

女性の性の悩み

性行為後の出血

性行為後の出血は、膣に小さな傷ができたために起こることが多く、膣内は粘膜なため性行為後の出血は珍しいことではないのですが、性感染症などの疾病により出血することもあります。

不感症

不感症とは、性的な刺激に対して何の興奮も覚えないことを指し、自慰では感じるのに、性行為では感じないという人もいます。

男性の場合は勃起障害や遅漏といった問題となりますが、女性の場合は性的刺激で興奮しない・オーガズムに達しないものだとされます。

女性がオーガズム(絶頂感)というのはどういうものか、わかっていないのが現状で、個人差があり定義がありません。

性交痛

性交痛とは、性交を始めようとするときや性交中の痛みのことで、外陰部や陰唇など腟開口部周辺の入り口部分に痛みを感じることもあります。

性交痛は我慢しつづけると、無意識に腟の筋肉が収縮することがあり、膣の筋肉は収縮すると、さらに痛みが増す場合があります

男性器が挿入された場合に骨盤内で感じる奥の部分の痛みもあり、痛みには焼けつくような痛み、鋭い痛み、締めつけるような痛みなどがあります。

骨盤筋が硬く締まる傾向があれば、入り口付近であれ深部であれ痛みが増します。

性行為中の尿意

性行為中に尿意を感じてしまう事を指し、体の構造上、膣の粘膜と膀胱の粘膜はとても近い場所にあり、性行為をすると膀胱が刺激されために起こります。

Gスポットと呼ばれる部分は、膀胱の真裏にあり、オーガズム(絶頂感)に達すると、膀胱に近い部分の筋肉が弛緩と収縮を繰り返し、尿意を感じたり、溜まっていればもれることもあります。

産後の性行為

産褥期は腟炎や子宮内膜炎などを起こす可能性があり、セックスはできませんが、出産後1か月健診で医師からOKが出れば可能となります。

出産では膣の中に傷がつくので、治らないうちに性行為すると、子宮に細菌感染が起こる心配があります。

帝王切開や産道の傷が大きかった場合、産後6週間目くらいになることもあります。

とはいえ、セックスでの一番の悩みは性病に関する悩みですよね相手へのマナーとして、性病になったらセックスを控え相手を一緒に検査を受けるようにしましょう。